PuppyLinuxでMOZCを使うと仕事が捗る!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! 日本語化パッケージ



PuppyLinuxを日本語化して、さらに日本語入力するためのパッケージとしては、シノバーさんが開発された

lang_pack_ja-2.0.sfs があまりにも有名で、

僕もいつも利用させてもらっています。

ところで、以前PuppyLinuxの日本語フォーラムに scim-mozc がSFSのパッケージとして、公開された時がありました。

変換効率の良い、mozcがPuppyLinuxでも使用できると喜んでいたものです。確か、開発者はdamboadさんだったと思います。

しかし、いつのまにかフォーラムごと、削除されているのに気づき、悲しい思いをしたことを覚えています。

ところが、今日インターネットで、検索していたら、たまたま

Locale_JP_mozc_pack_march.sfs

を発見しました。

作者によると、日本語入力を scim-mozcで使うことのできる、新たな日本語パッケージ(32bit用)だそうです。 しかも、フォントに源の角フォントを使用しているので、きれいな表示が期待できます。

インストール方法

1 PuppyLinuxを起動してデフォルトのままsaveファイルを作成します。

2 再起動して 「SFS Load on the fly」で「Locale_JP_mozc_pack_march.sfs」を登録します。

3 x サーバーの再起動のメッセージがでたら 電源を切って下さい

4 再度起動して「Puppy Setup」で日本語環境に設定して下さい。

インストールが終了すると、デスクトップ等日本語になります。もちろん 日本語入力もできます。

 早速、最近良く使用するPupjibaro jessie に

Locale_JP_mozc_pack_march.sfs

をインストールしてみました。

下の図のように、源ノ角フォントが使用出来ます。



画面下に出ている、mozcのツールバーからスパナのマークをクリックすると、



単語登録できたり、



文字パレットも利用できます。



手書き文字認識も利用できます。



 何よりも、嬉しいのは文字入力の認識が素晴らしいことです。mozcを使用すると、仕事が捗りますよ。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿